津嘉山荘

 

宮古島の有名お母さんに元気をもらえる宿

 

宮古島の南西に位置する与那覇という地区に、宮古島で有名な名物女将が切り盛りする民宿『津嘉山荘』がある。

宿の人気の理由は、女将のキャラクターと、宿で味わえる名物郷土料理だ。

人懐っこい笑顔が印象的な女将は、郷土料理の研究科でもあり、夕食の料理だけを食べに来る観光客も居るほど。

宮古島の市街地から離れたサトウキビ畑に囲まれた集落にあり、前浜ビーチまで来るまで5分でいける立地も、のんびり旅を楽しみたい観光客には最適だ。

宿の収容人数は意外に多く、団体客の受け入れも行っている。

娘さんが経営している宿の隣にあるカフェ『スムージー』も人気で、特に丸揚げしたにんにくが丸ごと一個入ったカレーが特においしいと評判だ。

カフェの窓からはサトウキビ畑が見え、心地よい風が店内を吹き抜ける。のんびり過ごせる雰囲気のオススメカフェだ。

 

田舎のおばあちゃんの家に遊びに行ったような、なんだか懐かしい感じのする温かみのある宿とのんびり珈琲が飲めるカフェを兼ね備えた民宿『津嘉山荘』に、多くの観光客がリピートを続けている。

都会では味わえない、人のぬくもりに触れることのできる名物宿で、のんびり宮古島でスローライフを過ごすのもいいだろう。