タグ別アーカイブ: 宮古島

たかつんや

料理上手な江戸っ子のお上が経営する宿

宮古島の南西に位置する下地地区の海を見下ろす高台に立ち、90坪の芝生とキレイに手入れされた庭が広がる宿が「たかつんや」だ。
広い客室でしかも食事が美味しくて、さらにお酒もOKのフリードリンク。江戸っ子の女将さんが切り盛りする宿で、女将は東京で25年も日本料理店を経営していたというだけあって、切符がいいだけではなく飾らない中に上品さがうかがえる。もともとは住居のつもりで建てたという宿。3世帯同居ということも想定して造ったため、客室はしっかりとしたプライベートが保たれ、むしろ住居用だからそれぞれの客室タイプが異なり、好みによって選べる楽しみがある。
多くのリピーターが存在し、中には下宿人のごとく、長期滞在していく客もいるということだ。現在は女将一人で全てを切り盛りしているが、リピーターの中には、従業員志願者も少なくないという。宿泊客が一同にテーブルを囲み、まるで大家族のように、賑やかに和やかに食事をする様子を眺めていたら、確かにここに暮らしてみたいという気持ちが分かる。重厚感溢れる玄関をあけると、広々としたエントランスホールが広がる。宿というよりは知人の家を訪れたという感覚になる宿だ。客室は全てタイプの違う部屋が八つ。ホテルのように画一的な客室ではないので、我が家の一室にいるような感覚でくつろぐことができる。900坪という広大な敷地にはバーベキューハウスがあり、予約をすればいつでも楽しむことが出来る。宿付近ではひときわ目立つ大きな家なので、赤瓦の屋根と庭の緑、そして宮古島の青い空が良くマッチしていて、物語の風景のような景色が広がっている。

ゲストハウス ゆくい

心と体をリセットできる宮古島の宿

宮古島の北西端、静かでのどかな狩俣集落内にゲストハウス「ゆくい」がある。宮古島内でも細長く海につい出したこの地域は市街地からもかなり距離があり不便だと思われがち。しかし見方によれば町に住む人々がなくしてしまったものがまだ残っているそうだ。海の幸山の幸に恵まれていて、イライラすることなく自然体で過ごす。そんな時間の一端を感じれるゲストハウスだ。まるで親戚の家に滞在しているかのように、日常の暮らしにかかわらせてくれるのがこの宿のもてなし方だ。自然と隣り合わせのあるがままの生活を実感させてくれる。疲れた体や心を一旦リセットして、好奇心やエネルギーがプラスの方向へ動き出すのを手伝ってくっるのは、ここに流れる遺憾と宿の雰囲気そのものといったところだ。散歩をして、昼寝をして、お日様が出れば海へ行き、風邪が吹けば本を読む。地元の新鮮な食材を使った美味しいご飯を食べて、夜は近隣の人々と語り合う。そんな素敵な田舎暮らしを一人旅でも体験させてくれるのが、宮古島のゲストハウス「ゆくい」だ。

沖縄をテーマにブログはじめますっ。

沖縄ゲストハウス安宿ガイドの管理人です。突然ですが、今日から沖縄をテーマにしたブログを始めようかと思います。気まぐれな更新になると思いますが・・・まっひとつ宜しくお願いします。

記念すべき第一回目のブログは、今日沖縄の離島宮古島で行われた、驚異の祭典全日本トライアスロン宮古島大会について。このトライアスロンは半端なトライアスロンとは違います。スイム3キロ、バイク(自転車)155キロ、その後なんとフルマラソンをやってのけるのですから、選手の皆さんはホントに『鉄人』としかたとえようがないくらい精神的にも肉体的にもタフだと思います。今日の宮古島は前日から北風が強く、気温もぐっと下がり、波の高さも午前中は4mと海もおお時化・・・競技の一番初めに行われるスイムはかなり厳しい戦いになったのでは・・・。しかもスイムの場所となっている東洋一美しいと称される宮古島が世界に誇る前浜ビーチは、対岸にある来間島とちょうど水路のような位置関係になるため、潮の流れが速い海域でも知られています。波の高さ4mと潮流による過酷なコンディションの中のスイムは非常に厳しい戦いになったことでしょう。※今年のスイムは海況悪化のため安全に配慮して中止になったとの事です。スイムの代わりにランが行われたようです。

この究極に過酷なレースを成功させる上で、非常に助けになると、選手の皆さんが口をそれえて言われるのが、宮古島の島民による大応援です。宮古島島民一丸となっての応援はきっと、選手の心に届いたはず!ワイドーワイドー(宮古島の方言でガンバレーバンバレー)と島のいたるところで応援が行われたことでしょう。大会関係者の方、ボランティアの方、宮古島島民の皆さん、そして何より選手の皆様、お疲れ様でした!