台風時のゲストハウス。

台風のときってゲストハウスに宿泊されている宿泊者の方は何をやっているのかな。せっかく沖縄まで旅行に来たのだからきれいな海でダイビングや海遊びをやりたいところだけど、海に入るのはもちろん無理だし、近づくのも危険。と言うより外を出歩くのも無理かもしれないし、ドライブで島内観光をするのも無理。そうなるとゲストハウスの中で出来る遊びをやるしかないのかな。宿泊者同士が仲良くなるような雰囲気のゲストハウスでは、皆で過ごすことも多いのでしょう。う。個々のプライバシーを重視するゲストハウスであれば、それぞれ思い思いの過ごし方を。どちらの雰囲気のゲストハウスでも、台風のときはろうそくの明かりのもとで、皆で泡盛、オリオンビールを飲みながらすごすこともあるのでしょうね。、沖縄の台風を経験することも貴重な体験になるとは思いますが、やっぱり出来れば晴れた沖縄で太陽に照らされた美しい海を眺めながら過ごしたいものです。。

人生色々~♪ゲストハウスも色々~♪

ゲストハウスによってその雰囲気はさまざま。自分の感性に合った、自分がゆっくりできて落ち着けるゲストハウスを探すことが一番です。でも何百もあるゲストハウスの中で自分に合った宿を探すのは至難の業。どうやれば自分に会ったゲストハウスを探すことが出来るの?その答えは、実際その宿を利用したゲストのクチコミを見ることもひとつの有効な手だと思います。後はブログもその宿の雰囲気を正直に映し出していると思います。短い文章でも、それは書き手ゲストハウスのスタッフの持つ雰囲気や考え方を映し出すからです。この法則はゲストハウスだけではなく、数百あると言われる沖縄県のダイビングショップ選びのときにも応用できます。クチコミとスタッフの日々のブログにはそのお店の雰囲気がにじみ出ているといえます。

信頼できる宿とは。

沖縄の宿泊施設は本当に多岐にわたる。一泊数十万円する貸切の高級ヴィラから、数千円の安宿まで。さまざまな宿泊者のニーズにあった宿が選べる。そのなかで、ゲストハウスはやはり、低価格で気軽に泊まれるバックパッカー、学生、若者にとって、かなり重要な役割を果たしている。しかし、沖縄本島、先島諸島など人気観光地のゲストハウスの数は、ある意味飽和状態。ゲストハウスの経営者さんも大変だ。ゲストハウスの相場は、だいたい一泊2,3千といったところだろうか。しかし、どの業種でもそうだとおもうが、格安をキャッチフレーズに料金を下げて集客にかかるお店もある。価格を下げずに予約でいっぱいのゲストハウスもある。そんあ人気ゲストハウスは、リピーターの数が圧倒的に多いように思える。価格を下げずに繁盛しているゲストハウスは、やはりどこかで努力をしているのだと思う。ゲストの皆様にまた帰ってきていただけるように、素敵な沖縄旅行になるように。目には見えない努力を重ねているのだと思う。そんな努力をしているゲストハウスはやはり、魅力的でそれはゲストが一番肌で感じているのだと思う。人(顧客)は無意識に一番信頼できる人(店)を選んでいる。そんな言葉をどこかで聞いたことがある。

マンゴー農家とダイビングショップ

今年は台風の当たり年なのかな。勢力は弱かったものの、宮古島に直撃した台風4号。夜中から明け方にかけて風速20mの暴風が吹き荒れていました。まっ風速20メートルといえば、小さな台風なのですが。。。沖縄県で一番ドキドキされていたのは、マンゴー農家とダイビングショップなどのマリンスポーツ店ではないでしょうか。一年間手塩にかけて育ててきた宮古島マンゴーは、収穫を迎えたばかりです。そこに台風4号来襲。。。きっと、マンゴー農家さんは祈るような思いで、収穫前のマンゴー被害が出ることなく台風が過ぎ去るのを待っていたことでしょう。そして、梅雨が明けて夏本番に入り、沢山のお客様に予約を頂いているダイビングショップのマリンスタッフさんたちも、海への影響が少しでも早く波風がおさまることを、やきもきしながら願っていることと思います。沖縄のゲストハウスや、ダイビングショップなどのマリンショップのキャンセルの台風被害って、一体いくらぐらいなのでしょうね・・マンゴー農家さん、ダイビングショップのマリンスタッフさん台風に負けずがんばれ~!!

沖縄の風呂事情

こんにちは。いや~昨日、今日とめっちゃ暑い沖縄です。只今セミが鳴いています!

梅雨入りしていますが最近は天気続きの沖縄です。

昨夜は冷房つけて過ごし、シャワーも何度も浴びましたよ。

シャワーと言えば、、、我が家にはバスタブがないのですよ(笑) はい、これって沖縄の昔からある家だったら普通なんですよ。最近建った家やマンションにはバスタブが設置されているのですがね。

南国の島なので、シャワーで十分なため、お風呂に入る週間があまりないのです。どちらかと言うとシャワーに1日に何度も浴びると言う感じですかね。

沖縄とはいえ12月に入ると湯船が恋しくなりますが、そんな時は我が家はホームセンターに売っている青いでっかい桶に湯をためて入るのですよ。

 

 

ゲストハウスでの出会い

管理人です。世界各地に数え切れないほどあるゲストハウス。オーストラリアのシドニーで宿泊した際に知り合った方との出会いがきっかけで管理人もダイバーになったのですよ。思い出しますね、かれこれ14年も前になります。笑 まぁ、色々話したい事はありますが、ちょっと話がそれてしまいますので、これはまた、いつかブログでアップしますね。皆さんもゲストハウスで色々な出会いを経験してきましたか?私は14年前の出会いがきっかけでダイバーになり、今は沖縄でのダイビングにどっぷりハマっていますよ。石垣島も良いですが、宮古島が最高ですね。離島最高です。今では14年前の出会いに感謝です♪

沖縄の母の日

GW中、日本で最もにぎわうと言っても過言ではない沖縄の海ですが、ここ数日観光客の姿はまばらになりGWも終わったんだなぁ~となんだかセンチな気分に浸りながら宮古島の海をボーっと眺めてしまいます。

GWが終了した次は、母の日ですね。そう今日は母の日です。日ごろ照れくさくていえない一言を、年に一度の母の日に伝えてみようかなぁと思案中です。思っているだけで相手に伝えないのは、思っていないことと同じだという話をどこかで聞いたことがあります。みなさんも、今日は日ごろの感謝を込めて、一言伝えましょう。いつもありがとうと!

沖縄をテーマにブログはじめますっ。

沖縄ゲストハウス安宿ガイドの管理人です。突然ですが、今日から沖縄をテーマにしたブログを始めようかと思います。気まぐれな更新になると思いますが・・・まっひとつ宜しくお願いします。

記念すべき第一回目のブログは、今日沖縄の離島宮古島で行われた、驚異の祭典全日本トライアスロン宮古島大会について。このトライアスロンは半端なトライアスロンとは違います。スイム3キロ、バイク(自転車)155キロ、その後なんとフルマラソンをやってのけるのですから、選手の皆さんはホントに『鉄人』としかたとえようがないくらい精神的にも肉体的にもタフだと思います。今日の宮古島は前日から北風が強く、気温もぐっと下がり、波の高さも午前中は4mと海もおお時化・・・競技の一番初めに行われるスイムはかなり厳しい戦いになったのでは・・・。しかもスイムの場所となっている東洋一美しいと称される宮古島が世界に誇る前浜ビーチは、対岸にある来間島とちょうど水路のような位置関係になるため、潮の流れが速い海域でも知られています。波の高さ4mと潮流による過酷なコンディションの中のスイムは非常に厳しい戦いになったことでしょう。※今年のスイムは海況悪化のため安全に配慮して中止になったとの事です。スイムの代わりにランが行われたようです。

この究極に過酷なレースを成功させる上で、非常に助けになると、選手の皆さんが口をそれえて言われるのが、宮古島の島民による大応援です。宮古島島民一丸となっての応援はきっと、選手の心に届いたはず!ワイドーワイドー(宮古島の方言でガンバレーバンバレー)と島のいたるところで応援が行われたことでしょう。大会関係者の方、ボランティアの方、宮古島島民の皆さん、そして何より選手の皆様、お疲れ様でした!

沖縄県の安心して止まれるゲストハウス安宿をご紹介します。